男性と女性

看板を専門に行っている業者に製作を依頼して店舗の集客率UP

サイズでインパクトを!

のぼり

店舗宣伝やイベントの広告などには、のぼりが多く利用されています。通行人やドライバーからも認識できる広告や宣伝の手段で、日本では昔から利用されていました。屋外に設置することが多いので、街なかの風景と溶け込んでしまうと宣伝効果は亡くなってしまいますので、目立つように製作することが大事になります。そのためには、文字の大きさやバランス、そして配色が肝心になります。そこで最近の企業は、のぼりの製作を専門に行っている業者に依頼しています。業者には、これまで培った実績とノウハウがありますので、遠くからでも認識できる文字のバランスや大きさを熟知しています。さらに、街なかの風景に溶けこませないように、目立たせるカラーで製作することができます。自社で行なうよりも多くの人に宣伝や広告をすることができるでしょう。

業者にのぼりの製作を依頼する場合、サイズを決める必要があります。サイズは生地の規格を利用したものが一般的になっています。一番小さいサイズで、縦1800mm×横450mmです。このサイズののぼりは最も主流なサイズとなっていて、いろんな商品の宣伝や広告に役立っています。大きいサイズでは、縦1800mm×横720mmののぼりも製作することができます。横幅が倍以上大きさになるために、より大きなインパクトを与えることができます。また、現在は企業の希望に答えて、2m以上のサイズも製作することができます。サイズは生地の規格が関係しているために限度がありますが、一度業者に相談してみてもいいかもしれません。